こんにちは。福井県池田町の長尾農園です。

雨が続いている池田町、稲刈り足踏み状態です。だいたい中盤過ぎてきましたが、またもや雨の予報(涙)
どうなるんやろう・・・・・


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

28年度産の新米コシヒカリあります!

有機肥料のみ、殺虫剤殺菌剤は使用なし、除草剤を1回だけ使って愛情たっぷりで育てた減農薬コシヒカリ。

福井県を流れる足羽川の最上流、水も空気も綺麗な池田町よりお届けします。

お届けは、10月10日頃。1袋が5キロの真空パックで、精米仕立ての鮮度を保ちます。25キロまで送料は540円(関東~近畿、それ以外は問い合わせてください) 5キロ2862円(税込)です。

ご注文は

・お名前
・郵便番号
・ご住所
・お電話番号
・玄米か白米か胚芽米か
・キロ数(5・10・15・20・25)
・時間指定があれば(午前中・12-14・14-16・16-18・18-20・20-21)

を明記の上

nagao★nonkina-okome.com
(★は@に代えてください)


まで、メールをお願いいたします。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□




さて、雨が降らない日は稲刈りに精を出しているのですが、その刈られた籾。そのままでは食べることも保存することもできないので、乾燥させて籾を取って、玄米にします。
IMG_5130
トラックの『カンカン』に積まれた籾は、この像の鼻のようなホースで乾燥機に入れられます。



IMG_4745
これが乾燥機。一晩かけて、保存に適した状態まで水分を落とします。



160926-1
乾燥された籾は、籾摺り機で籾を取って玄米になります。
オットが触ってるのが籾摺り機。ちょっと狭くて、正面からの写真でなくてスミマセンm(__)m



IMG_5017
その後、石取り機や色彩選別機(虫食いや乳白米を取り除く)を通って、この手前の計量器に出てきます。これで30キロを量って袋に詰めていきます。



IMG_5021
ここからは手作業。農協では、この紐を結ぶのも機械がするらしいけど、さすがにそれはね・・・
1日に多いと200袋以上結ぶので、指先、かなり鍛えられますノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!



IMG_5096
そして『玄米キャッチャー』でパレットに積んでいきます。

オットがしてると早いし、簡単そうに見えるけど、私がするとモタモタしてしまって、特に着地させた後、すんなり離れてくれないの(涙) そして「ジャマ!」となるワケですノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!



IMG_5083
機械で置いた後の微調整は、やっぱり手!少しのことだけど、数が数だけに毎日「腰が~~足が~~」と言っております。しかも昨日は、『玄米キャッチャー』が調子悪くて、しばらく動かなかったんだって(>_<) 当然、人力で頑張ったようで、夕べは8時には爆睡でした~(-_-)zzz  当たり前だ~~



□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

ブログランキングに参加しています。
読んだよ~のしるしにポチッと応援お願いいたします。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓