長尾農園あぜみち日記

福井県池田町で減農薬コシヒカリを作る米農家の日常。

2016年04月

こんにちは~(^.^)
福井県池田町の長尾農園です。


春の田んぼ作業。
畦塗りが終われば、耕起(田んぼを耕す)作業が始まります。

160420
田んぼに水を入れてトラクターで耕す。

当然ですが、オットは毎日毎日朝から晩までトラクター。
トラクターのお供は、YouTube(^_^.)
キミマロや吉本~サザン、ケツメイシなど・・・

田んぼの周りに家がない時は、1人カラオケになってるようで(>_<)
たま~に道行く人が、大きな口で歌っているのを見て???な顔をしていくらしい・・・

↑のような民家が近い場所では、それもできないようですが(^_^.)




IMG_3655
奥が、種蒔きをしてから13日目。手前は8日目。
どちらも緑の絨毯になって、しっかりとした顔になってきました(^.^)




IMG_3629
種蒔き前日の昨日、種もみを脱水機にかけて、乾かしておきました。
水に漬けられたままの種は、ひっついて均一に蒔けないので、握っても手につかない程度に水分をとばします。


さあ、今日は4回目の種まき。
はりきって行ってきます!



□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

ブログランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓




こんにちは~(^.^)
福井県池田町の長尾農園です。


暑かったり寒かったりと寒暖差が激しい池田町ですが、みなさんの所はどうでしょうか。
昨日は3回目の苗出しで、ハウスの中は炎天下!の予想で薄着で行ったのですが、予想外の曇りで汗をかかないという・・・・(-"-) 気温の変化に身体がついていかなくなるオバちゃんです(T_T)(T_T)


そして、気温についていけないけど、ブログの更新も作業に追いついてなくて、もう終わってしまったけど『あぜ塗り』の様子を。


畔は田んぼの水を溜めるための大切な役割をしてるんですが、毎年、モグラ、亀、オケラがいっぱい穴を開けます。気がつくと直径10cmくらいのトンネルがいっぱい(>_<) そこから水がドボドボと音を立てて、下の田んぼへ流れ出すんです。


なので、毎年畦は塗らないといけません。




160419-3
昔はすべて手作業で、鍬で元の畦を削って、水を入れてどろどろにした土を、壁を作るように盛り上げ塗っていくんですが、今は機械(^_^.)

手作業と同じように、爪で元畦を崩し(↑の写真のように) 際の土を20cmほど削り、




160419-1
崩した畦の上に土を盛り、この形成機の円盤がぐるぐる回って土を塗りつけます。




160419-2
そうして、水漏れしない畦を作っていくのです。


毎年、春一番の田んぼでのお仕事。
これが始まるとトラクターの作業から、苗作りの作業から、ハウスの管理から・・・・・

と、一気に忙しさがやってきます。
いつもの春が始まりました(^.^)


いつもの春がやってきて、普通に作業ができること、感謝します。



□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

ブログランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓






こんにちは~(^.^)
福井県池田町の長尾農園です。


すっかりアップするのを忘れてしまった、もう1ヶ月以上も前の3月15日。
今年の味噌を仕込みました(#^.^#)




IMG_3348
前の日から漬けておいた大豆をコトコトと炊く。
もちろん大豆は我が家産。
消毒は1回してるけど、除草剤などは使わず、有機肥料で育てました!(^^)!




160315-5
麹と塩を混ぜる。

麹ももちろんこの時作った我が家産
米は有機肥料のみ除草剤1回使用のコシヒカリ。
大事に育てたモフモフの麹ちゃん(^.^)

今年は奮発して『海の精』で仕込んでみました!
と言っても、漬物用の少し安いヤツで一部『シママース』ではありますが(^_^.)




160315-4
塩と混ぜた麹(塩きり麹)と柔らかく炊けた大豆を混ぜる。
ほんわかひと肌程度に冷めた大豆と麹をフワフワと。




160315-2
ミンサーにかけてつぶす。

これを団子にして桶に空気が入らないように打ちつけるのですが、必死の作業のため、写真はなし<m(__)m>




160315-3
で、できあがり。




160315-1
塩で蓋をして、唐辛子を置いて、秋まで待ちます。


なんやかんやと冬もゆっくりしてるようでゆっくりしてない我が家。
麹作りも味噌作りも最後の最後、3月の半ばになっちゃいました。
本当は寒の時期に仕込まないといけないのに、いつも遅れに遅れ・・・・・

今年は今までで一番遅い(-"-)
とはいえ、とりあえず仕込めたので良し!としましょう。

あとは、どんな味になるか?
こうご期待!!

って、ことで!



□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□


ブログランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓




こんにちは。
福井県池田町の長尾農園です。


この度の地震、とても大変なことになっていて、心が苦しい毎日です。
被害に遭われた方には、心からお見舞い申し上げます。

遠く離れていると何もできませんが、何かできること探せれば。と思っています。




九州では大変なことになっているけど、こちらでは日常の作業が続いており、バタバタしながらも平穏な日々が過ごせることに感謝しています。



そんな中、ブログのアップが前後してしまったけど、種まきの様子を少し。


160414-8
倉庫の2階から見たところ。
手前から苗箱を入れるとベルトで運ばれて、土→種→水→土 と入っていきます。




160414-6
苗箱を入れるだけの簡単作業だけど、隙間なく、割れているものがないか?何かついていないか?なんて見ながらは結構神経を使います。




160414-7
土、種が入ると水が均等にかかります。




160414-5
最後の土が入ったらできあがり。
だいたい5~6キロくらいになります。




160414-4
そして、育苗機に。
32度で2日間、ぬくぬくと育てられます。

そして2日後ハウスへ。
その様子はこちら





160414-3
ハウスに入った次の日の苗。
まだまだヒョロヒョロと白くて、先っちょだけ少し緑に。




160414-2
遠目で見るとこんな感じ。
うっすら緑?かな?くらいです。




IMG_3611
その次の日。
もう少し緑が濃くなった感じです。




160414-1
そして、その2日後。
種蒔きをしてから8日目の苗。

緑の絨毯になりました。
手前は、その日に出した苗。

5日の差でこんな感じに違ってきます。
蒔いた日が違うと、水をやる具合も違ってきて、水がいっぱい必要な苗とそうでない苗と。

潅水ノズルで調節しながら、毎日水やりをしています。


朝の冷たい水がいい苗を育ててくれるので、毎朝6時半には水やり。
オット、頑張ってくれています(^.^)




□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□


ブログランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓







こんにちは~(^.^)
福井県池田町の長尾農園です。



暖かくなったと思ったら、今日は寒の戻りだそうで、寒い予報(T_T)
2回目の種まき、苗箱供給係りの私は、手を動かすだけなので、いっぱい着込んで行ってきます!




さて、種まきの様子がアップされていませんが、まだ忙しくなる3月のある日、ツリーピクニックの『ジップライン』体験してきたので、そっちを先に^^;




160330-7
ちょっとボケてるけど、飛ぶ時に身を守ってくれるハーネスたち。これに身を任せて空を飛びます(>_<)




160330-6
係りのお兄さんに説明を聞いて、ハーネスをつける。

お兄さん、なんと!次男の同級生でした^^;  





160330-5
オッさんたち、お腹がつっかえるけど、なんどかハーネスを装着!




160330-4
ベルトはもちろん!しっかりと‼︎
オット、いつになく真剣です(・・;)

アタリマエダ!!





160330-3
そして、私は到着地点で待つ。
実は、まだ一部工事中のため、よく見ると斜面に人影が(^_^.)




160330-2
で、イキナリ到着!(^^)!
出発地点か到着地点か、どちらかしか撮れないので許してね!




160330-1
ま~~嬉しそうに到着しました!
イヤ!実際!楽しいそうです\(^o^)/

他にも体験に来てるグループがありましたが、恐々乗った人も「楽しかった〜」「もっと乗ってたい!」と口々に。



私には、恐ろしくて無理ですが、ちょっと興味のあるあなた!乗ってみる価値あり!です!



今月27日オープンです。予約がないと乗れないので、是非ご予約を〜
ご予約はこちらから↓↓↓

ツリーピクニックアドベンチャー



□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□


ブログランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓





□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□


お米のご注文は

・お名前
・郵便番号
・ご住所
・お電話番号
・玄米か白米か胚芽米か
・キロ数(5・10・15・20・25)
・時間指定があれば(午前中・12-14・14-16・16-18・18-20・20-21)

を明記の上

nagao★nonkina-okome.com
(★は@に代えてください)


まで、メールをお願いいたします。




↑このページのトップヘ