長尾農園あぜみち日記

福井県池田町で減農薬コシヒカリを作る米農家の日常とカフェ開業までの日々。

こんにちは。福井県池田町の長尾農園です。

暖かい日があったと思えば、今は雪。
今夜はしんしんと積もりそうです。


さて、今日は定期にご予約いただいているお米の発送。
精米して袋詰めして、箱に入れる作業です。

その準備のお便りを作ったり伝票の発行をしたりという作業もあるのですが、
それはまた次回ということで。






まずは、袋に真空するための脱酸素剤を入れるのですが、そこは写真を撮り忘れ(-"-)



160209-7
精米したお米を計量機に入れます。
オットは、ほぼ30キロ近いのを持ち上げますが、私がする時は半分くらい。

冬はオットがほとんどしてくれるので、私はカメラ係りです(^_^.)



160209-5
ザーーーっとお米が袋に落ちて、5キロになると「ピーピーピー」とブザーが鳴り計量完了。



160209-4
そして袋の口をシーラーで圧着。
(熱で閉じます)



160209-3
箱に入れて、軽く成形。
この状態では空気が入っていますが、脱酸素剤のおかげで1日くらいかけて
だんだん空気がなくなり、真空状態になります。




160209-2
今月のお便りと納品書を入れ



160209-1
封をして完了!



長尾農園では、精米したてをそのままお届けするために、真空パックにしています。
お米は、精米した瞬間から酸化が始まり、味が落ちると言われています。
できれば、おうちで小さな精米機を持つのが一番美味しいと思いますが
できるだけその状態に近づけるよう、真空パックでお届けします。


開封しなければ、2~3ヶ月は精米したての鮮度を保ちます。


長尾農園の減農薬コシヒカリは、除草剤1回使用、有機肥料のみで
愛情を込めて育てています(^.^)

どうぞよろしくお願いいたします。






-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

お米のご注文は

・お名前
・郵便番号
・ご住所
・お電話番号
・玄米か白米か胚芽米か
・キロ数(5・10・15・20・25)
・時間指定があれば(午前中・12-14・14-16・16-18・18-20・20-21)

を明記の上

nagao★nonkina-okome.com
(★は(@に代えてください)


まで、メールをお願いいたします。



こんにちは。福井県池田町の長尾農園です。

雪が少ない今年。
今日はポカポカいい陽気で、お布団が干せました\(^o^)/

いい天気で気持ちいいんですが、これだけ暖かいとなんだかなぁ・・・
いつもと違う冬になんだかなぁ・・・と思う今日この頃。





さて、九州も最終日。
佐賀県はもちろん初めて!有明海ももちろん初めて!!

何も知らない私たち。
有明海の干潟を見るのも初めてでΣ(゚д゚;)

干潮満潮という言葉を聞いたことがあるものの、実際目の当たりにしたのは初めて!!


澤山さんちへ行く道中、泥の海に船が置かれている状態を見て
「あの船、救出不可能やんなぁ・・・??」
「どうやって出すんやろう・・・??」
なんて、言ってると



IMG_2876


太良町の道の駅にこんな看板。
それでも何のことかわからない???

『引力の見える町』との看板もあり、益々?????



写真はないけど、到着時の夕方は干潮で海に水がなくて
川も干しあがってる状態で、なんともビックリ!!
出発する時は満潮に近く、水がいっぱいw(゚o゚)w オオー!

なんと!1日で2回も干潮と満潮が現れるのです!


それが朝にはたっぷりの水で満たされるので、宇宙の神秘を見た気分です( ̄ー ̄)ニヤリッ



160122-6


そんなこんなで明後日には大雪が降るというなんとも悪い日に行った私たち。
おじいちゃん、おばあちゃん、おばさんも総出で収穫を大急ぎ!!




160122-5

もちろん澤山さんもちょっとの間でも!ひとつでも!収穫!!
パパパっと枝を切って、袋に入れる早さは、職人技!!



160122-4

コンテナに詰めて、山を登り、トラックへ。
みかん山とみかん山の間の道は、細くて険しく、乗せてもらったワゴン車でもギリギリ(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

あの狭い道をトラックで運転するというのは、私には考えられないノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!
すばらしい技術です!




IMG_2886

そして、澤山さんに夕食作りを任せてる間に、温泉へ。



IMG_2885

なんと!露天風呂からは、雲仙普賢岳も見えるのです(雲に隠れてたけど)
家族風呂もあったり、宿泊もできて、平日はワリと空いてるらしい、超穴場です\(^o^)/




160122-2

そして、ご馳走!
太良町の特産、牡蠣です。

牡蠣小屋が並ぶ有明海沿いを横目に来た甲斐があった。
たんまりの蒸し牡蠣。

それに、澤山さんのレモンを絞って~~
あまり得意でない私も何個食べたことか・・・??

美味しゅうございました( ̄ー ̄)ニヤリッ




160122-3

そして、澤山さん、みかんジュースも作っておられます!
呑めない私に、ドーーンと1本。

これがもちろんみかんの味が濃くて、それでいてさっぱりして
ほとんど一人で飲み干しちゃった(^∀^)



IMG_2889

まだまだあるよ!
お次は「トンソク」


初めてでオッカナビックリ食べてみたけど、なかなかイケる。
普通の豚肉と変わらない感じでウマっ!!




160122-1

クラゲの酢の物
実は苦手のクラゲも作ってもらったのは、なんて美味しいの!

もちろん完食!!

そして、なんと言っても家族みんなで食卓を囲む幸せ。
おじいちゃんやおばあちゃん、年頃の娘ちゃんまで、農業の話から地区の話。
消防の話から父ちゃん母ちゃんのなれ初めまで(>_<)

大阪弁の私たちの話もエライウケて、ドッカン!ドッカン!!
大笑いの夜!!!



気が付けば24時も過ぎ~~('A`|||)
おじいちゃん、おばあちゃんまで、遅くまでひっぱりスミマセン!

そして、高3の娘ちゃんには、うるさくて迷惑だったろうね。
ごめんなさい!
受験終わったら、一緒に大笑いましょう\(^o^)/








・・・・・てな訳で、夜は明けて次の日。


IMG_2890


有明海苔のゴマ油煎りから始まりました。

フライパンで、サササッと炙って、塩をパラリ。
これだけで、韓国海苔風味のパリパリ海苔が完成。






IMG_2891

〆には、うちのお餅に焼き芋(@_@)
お餅には、黒糖が一般的という澤山家。


でも、「そうだ!焼き芋がある!」
と、娘ちゃんたち。
「騙されたと思って食べて~」

と言われ、食べてみると、ウマウマーーー!!!!!

あっさりしてよく合うのです。
意外な美味しさ!



そんなこんなで、大笑いの夜が更け、楽しい九州の旅も終わり。
帰りの飛行機はあまり揺れず、耳栓をしたおかげで泣くこともなく、
無事帰りつきました。




九州のみなさん、大変お世話になりました。
同じ農業でも所変わればいろいろですが、みなさんが誇りを持って
仕事されている姿。

とっても勉強になりました。
そして、地域を守り、食を守ってるんだなと、益々実感。

農業は苦しいとか3Kとか言うけれど、そんなことないぞ!
家族みんなで楽しくできる職業なんだ!

と、を心に刻みました。

みなさんの笑顔を励みにまたがんばります!


今度は福井に遊びにきてくださいね~~













こんにちは。福井県池田町の長尾農園です。

朝晩は冷えますが、日中はなんとなく暖かい池田町です。



さてさて、九州も3日目。
30年来の友達が福岡に単身赴任しているので、
「博多を案内して~」
とお願いしたら、

「巻き野菜の美味しい店がある」

IMG_2852

と、名前は忘れたけど、いろんな野菜を巻き巻きして焼いてくれるお店に。
写真はアボガドに豚肉、と、チーズにズッキーニにバジルソース。
どれも美味(^.^)

写真はないけど、出汁に黒豚とネギだけの鍋もイケました。




IMG_2853


中州の屋台は見学のみ。
客引きのお兄さんもいっぱいいて、なかなかおもしろい。

ネオンがキラキラする繁華街もブラブラ見るだけ見て、初の屋台へ。



IMG_2859


「焼きラーメン」をいただきました。
普通のラーメンの汁なしバージョン。

屋台はとっても狭くて、隣の人と荷物でギュウギュウ詰め(>_<)
でも、その隣の人とすぐに仲良くなるのが屋台の醍醐味らしく。


この日も屋台のお兄ちゃんと隣のアメリカ在住の山口県民さんと
喋りたおし・・・・・

気が付けば午前様・・・・・(^_^.)



そして、次の日は『波佐見』へ。

『波佐見』って、初めて聞くけど「なんじゃそれ??」
友達嫁曰く、昔からの陶器の町だけど、最近町おこしでがんばってて
「まあええから、見に行こ!」


IMG_2867

で、来たのが焼き物の町『波佐見』
いろんな窯元がショップを持ってて、それぞれの味を出してお店を展開。


ついていくままに『NISIYAMA』さん。
かわいい食器がありすぎて、しかも20%オフとかあって・・・・・

思わず手が出ちゃったよ(^_^.)


160122-12


それから来たのが『西の原
昔、陶器の工場だったのをリノベーションして、素敵な街に。

雑貨屋ありカフェあり、自家焙煎の珈琲屋あり。
と、1日いても飽きない空間。


160122-10


お昼は『モンテ・ルギ・ムック
オーナーは、東京の有名店で修業をした後放浪の途中、
この西の原へたどり着いて開いたというこのお店。
どれもみんな美味しいの\(^o^)/


↑↑は、「あさりと干しエビのリゾット」
素材が活き活きして、あっさりした中にもこくがある。



160122-9


こちらは、「鶏のグリル グリーンソカレー添え」
鶏はもちろん、カレーも本格的で美味しすぎ~\(^o^)/




160122-8


西の原は、陶器の工場だったので、敷地が広くて、いろんなお店がいっぱい。
この坂を上った所にも雑貨屋さんと自家焙煎珈琲のお店が。




160122-7


この日はあいにく休みだったけど、おにぎり屋さんも!
お米大好きな私には、残念で!残念で!!


まだまだ見たい所がいっぱいあった『波佐見』ですが
後ろ髪ひかれながら、次の目的地、佐賀は太良町へと向かうのでした。




あ~~どこもここも時間が足らない!
もう1回、それぞれをゆっくり巡る旅をしないといけないよ~(^.^)





こんにちは。福井県池田町の長尾農園です。


九州2日目は、鹿児島から一気に福岡八女へ。
途中、ついさっきまで通行止めだった高速道路を通り、
しかも山の中の雪の残ってる所だけ私の運転だったと言うねぇ・・・・・(-"-)

なんとなく、普通タイヤで雪が周りに残ってる所を運転するのは
それだけで恐怖ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!


と言ってもこの旅の間で、私が運転したのは、この50キロほどだけ。
ハハハ・・・父さんありがとう~~



で、着いたのがお山の上の原島さんち。
八女の中でも標高が一番高い矢部村。
もちろん雪は残ってるし、道路はどんどん狭くなるし、
我が池田町は、あんまり田舎じゃないな。と、実感。


160121-7


こんな写真しか撮れなかったけど、本当はもっともっと急斜面でとんでもない所で
お茶作りをされているのです。
(自分の写真の腕のなさが情けないね(T_T) 


しかも、この急斜面を乗用の刈取り機で、刈るという原島さん。
奥さんの江里さんは、「それ以上行かないで!」と言われるそうですが
できる限りガンガン行かれるそうで。

私が田んぼの昇降路をヒヤヒヤしながら、見てるのよりもっと!もっと!
緊張感があるんでしょうね。
あ~考えただけでドキドキするw(゚o゚)w オオー!




IMG_2840


お茶をいれてくださる原島さん。
ずっと憧れていた原島さんは、やっぱり素敵な原島さんで、益々惚れる~~


男性がお茶を淹れる姿は、本当にかっこいい!!
何より所作が綺麗なの!!

お茶が美味しいのは、もちろん、この美しい原島さんを見れただけでも
八女に行ってよかった( ̄ー ̄)ニヤリッ




IMG_2842


お茶をふりかけたおにぎり。
もちろん原島さんちのお茶に江里さん特製梅干し!

ご飯ももっちり香りもよくて、もちろんお茶の香りもバツグン!!
もつ鍋やら猪肉の塩麹漬けやらたくさんありすぎて、
食べるのに夢中で、これまた写真を撮り忘れm(__)m


どれもみんな美味しかったです!
ごちそう様でした!!!


160121-6



翌日は、大日向神ダム近くの「正面岩」別名「ハート岩」を見学に。
その形から恋のパワースポットと言われる大きな岩。
恋人同士で訪れると恋が成就されるとか

前の日、呑み過ぎた父さん。
案の定の二日酔い(@_@)
原島さんに車に乗せてもらってるのに

「す・・・すいません、ちょ、ちょっと・・・止めてください・・・・・」

・・・・・って!!
若い子じゃないねんから!!ホンマに!!!



160121-5


日向の神々がその美しさに惹かれてやってきて、
その
天馬が蹴って穴が開いたと言われる「蹴洞岩(けほぎいわ)」

とっても神秘的で、本当に神様に出会えそうな素敵なところです。

左側の断崖絶壁は、ロッククライミングの名所となっていて、
シーズンにはたくさんの方がこの岩に登っているそう。あ~コワっっ(>_<)







160121-1


そして大宰府へ。
これだけは、食べないと!の『
梅ヶ枝餅』は、もっちりモチモチで私好み(^^♪
もちろん二日酔いなんてないので、ひとつをペロリ!

美味しゅうございました( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \






160121-2



そして原島さんご夫妻。
美男美女のカップルです(^.^)

初孫さんが生まれたばかりで忙しいのに、大宰府までお付き合いいただき
本当にありがとうございました!!

今度は福井にも遊びにきてくださいね(^o^)






おまけのオッさん。

160121-3



旅はまだまだ続く~~~






こんばんは。福井県池田町の長尾農園です。




先週はお休みをいただいて、長年憧れていた九州の地へ。


10年以上も前、HPを立ち上げて、何もわからない状態の時に
(今もたいしてわかってないけど(-"-)
いろいろと教えていただいた農家の先輩集団、元気ネット

ネットの繋がりだけでなく、何回も一緒に講習を受けて
いろんな相談にものってもらいました。
みなさんネット通販の先駆けとも言え、ガンガン売ってる方ばかり・・・



の、中で我が家は、どんどん出遅れ、世のネット事情にも出遅れ・・・・・





今では情けないあり様ですが、今の我が家があるのは、この元気ネットのおかげです。






で、その先輩たちがいる九州。
いつか訪ねてみたいと思ってはや10年。やっと、やっとで行くことになったのです。








IMG_2816


新婚旅行以来の飛行機。
最初は、軽自動車でボチボチ行くか~
と考えてたけど、格安飛行機があることに気が付いて、値段にビックリ!!

思わず、飛行機にしたのはいいけど、高所恐怖症、スピードも怖い、絶叫マシーンは大嫌い。
の、私が選ぶ乗り物ではなかったね(-"-)


飛び立つときから、怖すぎて、本気で涙が出てきて号泣(ノ◇≦。) ビェーン!!
自分でも恥ずかしいくらい声が出てしまう程で、止めときゃよかった。
と本気で後悔。


そんなに揺れた訳でもなく、普通の揺れだったと思われるのに
やたら怖かった。


周りにいた人には迷惑かけました。

スンマセン!!






で、着いた鹿児島では、アラレが降る寒さΣ('◇'*)エェッ!?
「もしや私達は雪を連れてきたのか・・・・・???」

と言いながらも雨だったり、晴れだったりの変な天気の中、指宿目指して出発!



160119-8



途中、桜島は、機嫌よく姿を見せてくれ、海沿いをひたすら南下。
最初の目的地の指宿砂蒸し温泉は写真も撮らず、慌てて入って、次の目的地へ。




160119-10



あまり下調べをせず、ただ農家を巡る旅、と思っていたので、ドドーーーーン!
と、開聞岳と雄大な畑が現れた時にはもう!

時間を気にしながら、ちょっとだけ写真を~~~~





160119-7



と、慌てて到着したのは鹿児島の頴娃町の山脇農園さん。
有機JASの認定もとって野菜を丁寧に作り、娘さんがその素材をいかした
お菓子を作ってカフェもされてる素敵な御夫婦。
残念ながらあまりにも慌ててたので写真を撮り忘れるという失態(-"-)





160119-9



古民家を改修したカフェは、娘さんとお友達がリノベーションした
かわいくてセンスあふれる空間。
いろいろと参考になるものあり!!




160119-6



山脇さんのにんじん畑。
冬でも元気に育っている姿は、やっぱりうちとは違う風景で感動!





160119-5



勝負の神様を言われる釜蓋神社から開聞岳を望む。
どこから見ても雄大な開聞岳は、いつまでも写真を撮っていたい。




160119-4



そして、夜は西牟田農園さんちで馬刺しに鶏刺しに焼酎に鍋に・・・・・
人生初の馬刺しは、意外にさっぱりと美味しく、いっぱいいただきました。

ご馳走様です!!!




160119-2



従業員さんを何人も雇っていらっしゃる西牟田さん。
もう規模がスゴすぎて、驚きばかり!

息子さんも跡を継がれて、益々大規模にされていくようです。
もう、尊敬!しかありません。




160119-1



鹿児島へ来たら、ここははずせない、知覧の平和記念会館。
言葉にできないくらいの衝撃です。

当時の特攻隊員の遺書があるのですが、それは涙で読めるものではありません。
同じ年頃の息子がいる私としては、もう辛くて、辛くて。
どれを見ても悲しい、辛いとしか言えず、本当に言葉になりません。

もう戦争反対とかの生易しい言葉でなく、全てのものが、
ここへ来ると、それだけで永遠に平和でなくてはいけないと心に深く刻まれます。





IMG_2835



そして、美味しい鰻を食べに連れて行ってくださった西牟田さんご夫妻。
目の前で捌いて炭で焼いてくれる鰻屋さん。

ふんわりホワホワで、香ばしくて、そりゃあもう!美味しすぎる!!
こんなに美味しい鰻、初めてだったかも~~




この移動した初日、九州道は雪で一部通行止めになったりして
山脇さん西牟田さんにはとってもご心配になりました。
でも、おかげさまで私達が通る頃には、通行止めは解除となり
うまく次の目的地に着くことができました。

本当にありがとうございました!!





名残惜しいけど、鹿児島を後に、旅は、まだまだ続きます~~






↑このページのトップヘ